きゃろっと

キューブのことメインで書きます。

SQ1上達のルート①〜CS編〜

皆さんおはこんばんにちは。この記事はSpeedcubing Advent Calender 2022の22日目のものです。前日はくるくるキャプテンさんのキューブアートについての記事でした。キューブアートは自分も興味があるのでお金があれば買おうと思っております。翌日はむぎ茶さんのVisual Cube Plusの使い方ということでとても楽しみにしております。

 

 ご覧いただきありがとうございます。SQ1のモチベが絶えないきゃろっとと申します。Ao100が大体15秒くらいです。

今回はタイトルの通りSQ1上達のルートを模索したいと思います。スクエアのルートといっても平方根ではありません(ボケ)。SQ1をスピードソルブするときの理想像とそのための具体策みたいなものをまとめようと思います。今回はCS(成形)についてのものとなります。

※今回のブログでは赤手前黄色上の世界配色です。また、D面の表示についてですが、上から透かして見たイメージにします(手前の面が下側に表示される)。

  • 3手以下の成形を可能な全てのアングルから回せるようにする

これはかなり重要だと思っています。4手以上の成形は全て3手成形を経由して揃えるのでそこでアプローチがしやすいようになります。上下反対の成形はもちろんですが、U2D2した状態などから回せるだけでかなり融通が利きます。そんなにパターン数も多いわけではないですし理解もしやすいので早めに全て習得してしまいましょう。

  • 手順の仕組みを理解する

先に述べたように3x3の初心者F2Lに似た構造をしています。エッジに注目しながら見るとそう見えます。簡単なケースにして揃えるというコンセプトにおいてはCSとF2Lはほぼ一緒ですね(強引)。具体的な例も交えて詳しく説明していきます。これからの説明をするための準備として、以下のケースを名づけておきます。

左からP、L、Iとする

PはPaired edgesです。LとIはただそう見えるからというだけです。この画像にはコーナーが映っていますが、今はエッジの位置関係を示すだけのものとしてください(その方が考えやすいから)。どの形もこの2つのエッジの位置関係が組み合わさってできていると考えられます。例を挙げますね。

左からScallop、Shield、Kite

ScallopはPが2つ隣り合っていると考えられます。Shieldはコーナーを挟んでPが2つですね。Kiteについては2つの見方ができます。PとIとすることもできればLが2つとも取れます。CSの手順によって都合のいい見方をします。4手成形がわかりやすいので幾つか例を挙げます。

Scramble: /(3,0)/(1,2)/(2,0)/

4-1-1/L

この形はScallop/Kiteに1手で持っていくパターンです。4-1-1は今はP2つ(Scallop)とLに分解できます。LとD面のLをKiteになるようにくっつけてあげればScallop/Kiteの完成です。4手成形は割と直感で解法がわかることが多いですが、分かりづらいものもあるので3手成形にするまでの動きはイメージ的に覚えたほうが良さそうです。最大で7手なので覚えづらいことはそうないと思います。それでは4-1-1の別の捉え方をする場合を見てみましょう。

Scramble: /(3,0)/(1,-4)/(4,0)/

4-1-1/P
4-1-1/P

 4-1-1をこのように考えます。Pawn(L,P)とLに分けます。

そしたら、右側のLをスラッシュで離してD面のPと繋げてあげると、Good Pawn/Pawnになります。まあこんな感じで覚えてあげればCSの記憶の部分はうまくいくと思います。


  • 手順を速く回す

言うまでもない事ではありますが、速く回せるといいですよね。工夫できることとしては、リグリップをなくすことです。

 大体の3手成形はより速く回せる手の開始グリップがあります。僕は例えばShield/Squareなら最初がR2'側の動きだと回しやすいので、1手でShield/Squareにするパターンなら手順の開始をR2にすることでリグリップレスに回せることになります。些細なことだと思うかもしれませんが、CSだけじゃなく、リグリップをなくすことはSQ1においては結構なアドバンテージになると思います。

  • 開始面をマネージする

y2だったりz2だったりの開始面からソルブを始めることでソルブの開始をよりスムーズにしようという試みです。これをすることで、D2回転などをソルブの最初にする必要がなくなります。とにかく成形中は回しづらいのでこういう工夫も大事かと思います。

 

CSに関してはまあこんな感じですかね。何せCSPもまだわかってないような者なので不完全ではあると思いますが、今から見た"登山道"を言語化してみました。タイトルにあるように②からの記事も書いております。アドカレにはこの記事を載せようと思っていますが、他の段階もゆっくりと書いていきますので読んでいただければ幸いです。